本文へ

文字サイズ

背景色を変える

音声読上げの使い方
メニュー

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. 利用案内
  3. 国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館デジタル化資料送信サービスのご案内

中央図書館で国立国会図書館デジタル化資料を閲覧できるようになりました。国会図書館が所有する貴重書や江戸期・清代以前の和漢書等で、国立国会図書館がデジタル化した図書や雑誌のうち、絶版などで現在手に入らないもの(平成26年1月現在、約131万点)を中央図書館のパソコンで検索し、本文や図画を閲覧できます。

なお、デジタル画像データのダウンロードや保存、USBメモリ等へのコピーはできません。複写をご希望の場合は、著作権の範囲内で館内コピー機(有料)にて複写サービスの提供を行っていますので、職員までお申込みください。

  • 利用対象者
    新宿区立図書館の利用者カードをお持ちの方(本人のみ、長期延滞者を除く)
  • 利用できる場所
    新宿区立中央図書館1階のインターネット閲覧席(3席)
  • 利用方法
    閲覧及び複写とも、中央図書館1階相談コーナーでお申込みください。
  • 閲覧受付時間
    中央図書館の開館時間(火曜~土曜は9時から21時45分まで、日曜・祝日は9時から18時まで)。1回30分。
  • 複写受付時間
    中央図書館の閉館の30分前まで

(火曜~土曜は9時から21時15分まで、日曜・祝日は9時から17時30分まで)

(注意)複写は、白黒は1枚10円、カラーは1枚50円(A3は80円)。同一箇所は一人1部まで。
(注意)ご家庭のインターネットでも公開され複写可能な資料や国会図書館内限定資料は除きます。
(注意)資料数やコマ数が多い場合は、翌開館日以降のお渡しになる可能性もあります。

詳しくは、中央図書館資料係までお問い合わせください。

国立国会図書館が提供するデジタル化資料の概数(平成26年1月現在)

太字の送信サービスの対象資料を、新宿区立中央図書館で閲覧することができます。

公開範囲(国立国会図書館)

国立国会図書館が提供するデジタル化資料についてまとめた表
国立国会図書館が提供するデジタル化資料について
資料の種類 インターネット公開 送信サービスの対象 国立国会図書館限定 合計 概要
図書 34万点 50万点 6万点 90万点 昭和43年頃までに国立国会図書館が受け入れたもの
(注意)現在も流通しているものや、漫画・絵本は国立国会図書館限定
古典籍 7万点 2万点 取扱いなし 9万点 貴重書、江戸期・清代以前の和漢書など
雑誌 0.5万点 67万点 39万点 106万点 平成12年までに発行されたもの
(注意)商業出版社によるものは国立国会図書館限定
博士論文 1.5万点 12万点 1万点 14万点 平成3年度~平成12年度に国立国会図書館が受け入れたもの
(注意)商業出版されているものは国立国会図書館限定
その他 4万点 取扱いなし 5万点 9万点 官報、憲政資料など
合計 47万点 131万点 50万点 228万点  

(注意)概数のため、合計が合わない箇所があります。

戻る