本文へ

文字サイズ

背景色を変える

音声読上げの使い方
メニュー

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. 利用案内
  3. 大学図書館連携

大学図書館連携

新宿区立図書館と協定を結んでいる大学図書館の利用について

協定を結んでいる大学図書館とは?

  • 東京富士大学図書館(平成16年1月20日~)
  • 目白大学新宿図書館(平成17年4月15日~)
  • 早稲田大学教育・総合科学学術院図書施設(平成20年4月1日~)
  • 学習院女子大学図書館(平成24年4月1日~)

の4館です。

サービスの対象者は?

  • 申請日現在、満20才以上の新宿区在住の方
  • 新宿区立図書館の利用登録をされている方
  • 新宿区立図書館で長期延滞本や紛失がない方

サービスの対象者補足情報

  • 東京富士大学図書館は上記に加え、社会人で特定の研究テーマ、もしくは調査研究事項がある方
  • 目白大学新宿図書館は上記に加え、特定の研究テーマを持っている方(ただし、大学生及び大学教職員の方は、所属大学の図書館に相談してください。)
  • 早稲田大学教育・総合科学学術院図書施設は上記のほか、区立小中学校に勤務する教員も対象となります。
  • 学習院女子大学図書館は上記に加え、特定の研究テーマを有して、大学図書館の資料で調査研究をする方。(ただし、大学院生、大学生、短期大学生は、ご自身が在学する大学図書館を通じて、大学図書館の相互協力をご利用ください。)

申込方法は?

1.利用申込書をホームページから印刷し記入するか、区立図書館の窓口で記入します。

2.利用申込書には、顔写真【3か月以内、正面・無帽、3cm×3cm(目白大学は4cm×4cm)、写真裏面には氏名を記入】を貼付します。

顔写真は、東京富士大学、目白大学、学習院女子大学は1枚、早稲田大学は2枚(1枚はIDカード用に使用)必要です。(注意)写真のない申込書は受付できません。

3.登録料が必要です。金額は、

  • 東京富士大学図書館:登録料はかかりません。
  • 目白大学新宿図書館:3,000円
  • 早稲田大学教育・総合科学学術院図書施設:2,000円
  • 学習院女子大学図書館:3,000円

(登録料はいずれも登録日から1年間有効、継続利用希望の場合は1年ごとに同額の費用負担が発生する。)

4.利用申込書の確認を、区立図書館で行います。

利用申込書・写真・区立図書館の利用者カード・住所のわかるもの(健康保険証や運転免許証)を用意し、区立図書館のカウンターにお越しください。

5.区立図書館で利用申込書の確認を終えたら、登録料を持参し、大学図書館でお手続きください。

大学によって入館の仕方や、コピー申請等利用方法が異なります。また、臨時休館日もありますので、事前に大学図書館に電話でご確認の上、大学でお手続きください。

利用案内

協定大学以外の大学図書館等の利用について

協定している大学以外の大学図書館等を利用するにあたり、区立図書館から紹介状を発行します。

サービスの対象者は?

以下の条件をすべて満たされている方に紹介状を発行します。

  • 新宿区在住の方
  • 新宿区立図書館の利用登録をされている方
  • 新宿区立図書館で長期延滞本や紛失本がない方
  • お探しの資料が新宿区立・都立・国会・都内公共図書館に所蔵がなく、提出先図書館等の承諾が得られている方(申込時に区立図書館を介して承諾を得ることも可)
  • 公印が必要のため、発行に日数を要するという条件を承諾された方

申込方法は?

1.紹介状が必要な方

大学図書館等への紹介状発行依頼書」をホームページから印刷し記入するか、区立図書館の窓口で記入します。

記入上の注意
  • 図書館名欄には:提出先図書館等名
  • 図書館電話番号欄には:提出先図書館等の電話番号と担当者名
  • 書名欄には:複数ある場合は、別紙でも可
  • 利用者カード番号欄には:区立図書館の利用者カード番号

をご記入ください。

2.発行に日数を要します。

紹介状発行準備が整ったら連絡いたしますので、連絡後受付館または中央図書館にご来館いただくか、返信用切手(82円)を貼付し、宛先を記入した封筒を持参いただければ郵送します。

3.紹介状を持参し、大学図書館等でお手続きください。

大学によって入館の仕方や、コピー申請等利用方法が異なります。また、臨時休館日もありますので、事前に大学図書館に電話でご確認の上、大学図書館等でお手続きください。

戻る